ホーム > 診療案内

診療案内

診療内容

一般歯科

もっともポピュラーな診療分野で、虫歯や歯周病などによってダメージを受けた歯の修復を主とする診療です。咬み合わせの回復のため、かぶせや義歯の作製もします。当院ではできるだけ抜かない、なるべく神経をとらない、痛くないをモットーにしています。

小児歯科

子供の歯の治療も大人と同じく、削ったり詰めたりします。しかし、根本的に違うことは、子供の歯やあごは日々成長し、変化していることです。状況によって、初期の虫歯ならレーザー治療、フッ素塗布、進行止め塗布、予防充填処置(シーラント)などを行います。しかし、治療が終わっても安心してはいけません。定期的な検診と予防措置を継続する必要があります。

口腔外科

簡単な手術、親知らずの抜歯、顎関節症の治療など、一般歯科の範囲を越える炎症や外傷の処置を行います。また、大学病院でしか治療できないような口腔内の疾患を早期発見し、紹介いたします。

予防歯科

治療が終わっても、きちんと管理を続けなければ虫歯や歯周病は再発してしまいます。そのため、予防と早期発見には定期検診が不可欠です。口腔内の状態を写真やレントゲンで記録しておいて、継続的に観察していきます。

歯周病治療

歯周病は虫歯同様、口腔内の細菌により、歯の周りの組織が破壊される病気です。自覚症状があまり無いことから軽視されがちですが、放っておくと歯を失う大きな原因となりますので注意が必要です。治療方法としては、歯周病を引き起こしているプラーク(歯垢)の除去、ブラッシング方法、プラークが石灰化して歯石となったものの除去をしていきます。

ホワイトニング

ホワイトニングとは、歯の漂白のことで、ブリーチングとも呼ばれています。もともと歯の色は真白ではなく、少し黄色がかった色をしており、それをより白くする方法です。先天的な歯の色にお悩みの方にも有効な手段です。ホワイトニングの最大の長所は、歯を削ることなく白くできることです。個人にあったマウスピースを作り、そこに薬剤を入れて就寝時にはめて漂白します。約1ヶ月はかかりますが、ご自宅でお手軽にでき、すべての歯を全体的に漂白することもできます。お気軽にご相談ください。

審美歯科

保険診療で、白い歯の修復物を入れることができるのは、前歯の上下計12本です。白い部分には保険診療で認められたプラスチック系の素材を使用しますが、このプラスチックは、見た目を考慮すると着色しやすい、透明感がないなどの問題点があります。それらに対応して保険外診療のセラミックの歯で修復したり、保険診療では認められない奥歯の銀歯を白く修復するなどが可能です。また、保険診療の義歯では、クラスプと言われる金属の維持装置がありますが、見た目にやや劣る場合があります。金属のみえない義歯なども取り扱っていますので、お気軽にご相談ください。