ホーム > よくある質問

よくある質問

Q.子供の治療もしているのでしょうか?

はい。当院では、削る器械の音を怖がるお子さんのために、音の小さい器械を使ったり、表面麻酔をしてから麻酔注射をするなど、歯医者を怖がるお子さんになるべく負担をかけないよう心がけて治療しています。

Q.義歯もしているのでしょうか?

はい。当院では、部分入れ歯、総入れ歯など、とにかく噛めることを第一に考えて作製しています。また保険外の義歯も取り扱っていますので、お気軽にご相談してください。

Q.親知らずがあるとどうなりますか?

歯並びの一番奥に出てくるため、歯ブラシが届きにくく、周りの歯肉に炎症を起こすことがあります。また虫歯にもなりやすくなります。

Q.親知らずの治療はどうやってするのですか?

まっすぐ生えている親知らずは、必ず抜くわけではありません。しかし、曲がった状態や埋まった状態の親知らずは抜歯をするケースがほとんどです。まずはレントゲンで精査してみましょう。

Q.妊娠中に通っても大丈夫ですか?

はい。当院のレントゲンはデジタルレントゲンシステムを使用していますので、放射線量が今までと比べて少なく安心して撮影していただけます。また、妊娠中は特に歯肉炎になりやすい時期ですので、口腔内の環境を整える上でも検診をお勧めします。

Q.痛いところがなくても歯医者に行っていいですか?

もちろんクリーニングだけでも受診していただいております。健康な歯と歯ぐきを維持するためには定期的な検診、クリーニングをお勧めします。

Q.スポーツや外傷で歯が割れたり、動いたりした場合どうすればいいですか?

歯が折れた場合は、範囲が小さいものであれば虫歯治療に使用するつめもので回復することが可能です。歯が抜けたり、ぐらぐらする場合は、ワイヤー固定を行 うことが重要です。また、歯の根が折れた場合は、抜歯もやむを得ないので、まずはレントゲンで精査する必要があります。

Q.口内炎があって痛いのですが?

単に口内炎であれば軟膏、レーザーを行い、2週間ほどで治ります。治りにくいものは精査したほうがいいです。